感動を思い出させるフラワーバトン

-----------------------------

 

 

 

昨日は、
プレゼント花束の試作品
を作る一日でした。
紅葉のプリザーブドフラワー
も入れたんですよ(^^♪
チラっとお見せしちゃいます。

46806621_2003647653055131_7187658006425763840_n.jpg

 

敢えて、花束の試作品
を作りましたが
贈り物は、アレンジでも
良いでしょう。

 

 

お花の贈り物を
するとき、
「花束とアレンジメント
どちらを選びますか?」
と迷った事は
ありませんか?

 

 

お花を贈るときは、
その時のシチュエーション
によって選んでいただくと
良いと思います。

 

 

そこで、
花束とアレンジメントの違い、
それぞれのメリットを
ご紹介します。

 

 

誕生日や記念日などの
お祝いや
舞台でのプレゼンテーション
に贈り物として
活躍するのが花束です。

 

 

籠などに
給水スポンジを入れ、
お花を挿した盛花を
アレンジメントと呼びます。

 

46806621_2003647653055131_7187658006425763840_n.jpg

 

アレンジメントは、
花束と比べると
華やかでデザイン性があり、
貰った人が飾りやすいのが
大きな特徴です。

 

 


両者どちらも
花贈りに、とっても
よいのですが
贈る場所やタイミングで
花型を変えた方が
良いですよ。

 

 

アレンジメントは、
吸水性のスポンジに
花を挿しているので
持運びが重く
ずっと長く持って歩くのは
貰った方も大変だったりします。

 

 

アレンジメントの用途
としては、パーティの花台
であったり、

 

 

お見舞いなど、
貰った人の手を煩わせない
ような配慮で贈る
お見舞いや
職場などが良いでしょう。

 

 

花束は、
手の中に花束が入ってきた
時に花からの優しさ、
美しさが一瞬に伝わります。

 

DSCF6115.jpg


舞台挨拶で渡す時などは、
見ている人にも
華やかな印象が
伝わりやすいのも花束です。

 

 

その時のお祝いを意味した
花束を贈る時には、
生花以外では、
プリザーブドフラワーが
お勧めです!

 

 

何故かというと・・・

 

 

プリザーブドフラワーの
花束は、

 

 

その時の想いを
ずっと長く残して
くれるからです!

 

 

記念日、特別な日
忘れて欲しくない感動
花に想いをのせて
残す事ができるからです!

 

 

プリザーブドフラワーは、
日本では、3年以上長く持つ
と言われています。

 

 

花がある限り
いつも、花が
その時を思い
出させて
くれるからです。




 

感動や
感謝、
気持ち・・・

 

 

一日ごとに
薄れいく想いを・・・
プリザーブドフラワーの
花束が思い出させて
くれる事でしょう!