生涯現役できる働き方を考える時



コロナショック

で仕事を失っているひと
そんなニュースが
ちらほら聞こえますね・・・
本当に他人事では
なくなってきましたね。




主人の定年が65歳
だとしたら、





その後の人生は
年金暮らしだけで
満足できる暮らしは
送れるかしら・・・





55歳そんな


老後を考える歳


になりました。





私達が若い年の頃は
寿命は今よりもずっと若く
65歳ぐらいだったから





仕事をやめても、
老後と言ってもずーっと長い
イメージはなかったです。




ですが、
今の65歳は昔の65歳と
比べたら
若いですよね~
老後ではありませんね。





まだ未だ、
お洒落もしたいし、
人とも会いたいし、
外にも出たい!
お金も必要です。





女性の平均寿命は87歳
きっと、近いうちに100歳と
更新するかもしれませんね。





人生100年といっている
この時代ですから





サラリーマン家庭だったら
定年後は第2の人生と言っても
過言では無いですね。





しかも最低でも
老後に2000万円は必要と
いっているわけですから
年金だけを頼っていくのは
難しい問題です。





老後が長いからこそ、
今、老後の働き方を
考えることはとっても重要です。





私は、花の仕事を始めたのは
30年前の20代の時ですが、
その時は、老後の事など
何も考えてはいませんでした。





ある意味、意識はして
いませんでしたが
この年齢になっても出来る仕事
なんだよなぁ・・・
と先生方をみてきました。
 




それは、生花の先生です。
今よく考えると
私が教えていただいた
先生達の年齢は、
きっと今の私の歳55歳ぐらいです。





そして、その先生方は
今85歳以上の先生方。
今も現役で頑張られています。
 




もうすぐ60歳が見えてきた私も
イキイキと一生死ぬまで
現役で仕事をしていたい!
と今は思います。





私自身が老後も
仕事を一生続けていくためには
本当に今からの働き方が
とても大事だと思います。





定年は決まった歳に
来るものですが、
このご時世、いきなり職を
失う事だってあるかもしれません。





パートで雇われていたら
年齢制限もあります。
 
社員だとしても定年があります。





その時に自分で開拓できる
『生涯現役を生きる』
これからの働き方を
深く考える時かもしれません!


23319140_1547522542000980_7686547836449693622_n.jpg


------------------------------------

30年間のフラワーデザイナーとしての

考え方からお伝えしている
個別相談会を開催しています。  


もしあなたのお近くに
このメルマガがお役に立てそうな方がいたら
どうぞご紹介くださいね

最後までお付き合いありがとうございました。

このブログのご感想をいただけると嬉しいです! 
また、お花の事で知りたい事
質問などいただけたら
ブログ内でお応えさせていただきます♪
お待ちしています(^^♪


-------------------------------