花で気持ちに
潤いを得て、
心穏やかに
なる感じを味わいました!

 

 

 

昨日は、
義父、義母の七回忌
の法要の為
鶯谷のお寺に行って
まいりました。

 

 

 

本堂の入る前に
控室にあった
清楚ですが
存在感のある
お花が
なんとも
美しく!

 

 

 

心に響いたので
シェアさせていただきます。

 

 

 

年末なので
お正月のお花が飾られていました。

49620900_2048680171885212_2907444107771117568_n.jpg

 

松、赤い実の千両、
金の柳

 

 

シンプルな生花でしたが
床の間に飾られていたお花は
部屋に入り
花を目にした一瞬で
心の安らぎを感じる事が
できました。


 

 

改めて
花が人の感情に
届ける力が
あるのだと納得しました。

 

 

 

その時の感情で
花を見て感じうるものは
違います。

 

 

私自身、
全く何も感じない事も
あります。


 

 

ですが、
花を見て
心に届くものが
シッカリとある日も
あるのです。


 

 

人によって
感じる物も違います。

 

 

安らぎ、平穏
温かさ、
快楽、励まし・・・

 

 

時には、
怒りの時もあるでしょう。

 

 

昨日の私は、
安らぎを感じ、
一時、ゆったりとした
心が優しい気持ちになれる
時間を感じました。

 

 

心に響くお花とは、
決して豪華な花では
なくてよいのです。

 

 

 

この花のように
シンプルなものでも
シッカリと人の心に
伝わるものがあります。

 

 

花から
安らぎを貰っている事に
気が付いていない人、
気が付かない時も
あります。

 

 

この花を活けた方は、
待ち時間に
穏やかな気持ちに
なって欲しいと
活けてくださったのに
違いありませんが、

 

 

 

花を見る時の感情によって
花の見方が違い
心に届くものが
違うからなのです。

 

 

『フラワーバトンエチケット』
は、綺麗な状態で
長く飾る事ができて
想いを伝え続ける
プリザーブドフラワーです。
 

 

 

o0883058913815443085.jpg

 

想いを伝え続けたいときには
枯れない花
プリザーブドフラワーが
本当に良いのだと
改めて思いました!