グーグル社が分析‼ 心理的安全が生産性を生む!

-----------------------------------

 

 

社員が働きやすい会社。
それは、
環境です!

 

 

環境といっても
社内が綺麗、広い
という事ではなく

 

 

やはり、
人間関係が良い環境
が社員の幸福度を
アップします。

 

 

Google社が行った
プロジェクト・アリストテレスを
ご存知ですか?

 

 

Google社が2012年から
実施した労働改革
プロジェクトで
Harvard Business Review
で紹介されたことで
大きな話題になりました。

 

 

プロジェクト・アリストテレス
では
生産性に影響を与える
要因を調べ、
あらゆる実験の結果、
心理的安全性
の高いチームが
最も生産性が高かった
そうです。

 

 

Google社自身も
この結果には驚愕したそうです。

 

 

何故なら、Google社の
創設者である
ラリー・ペイジなどを
はじめとした経営陣は、
創立以降、
優秀な人材の採用を
経営の最重要事項と
していたからです。

 

 

優秀な人材で集まった
チームよりも
心理的安全性の
高いチームの方が
社員のチームワークの方が
が信頼関係が出来ていて
結果、仕事への
パフォーマンスが良くなる
という事です。

186d5287ea822bb78fddfb705a1e3857_s.jpg

 

多くの人にとって、
会社にいる時間は
人生の時間の大半を
占めている事でしょう。

 

 

そこで、自分の本来の姿でなく
会社では別の人格で
仮面を被っているようでは
あまり楽しく仕事が出来ている
とは言えませんね。

 

 

成功するチームでは、
本来の自分のまま
楽しそうに働いていて

 

 

他者への心遣い
同情、
あるいは配慮や共感

 

 

といった精神的な要素
から働きやすい環境を
自然と作り
生産性を上げているのが
ポイントです。

 

 

社長も社員も
誰もが
会社で本来の自分を
さらけだし、

 

 

チーム内の人も
それを受け入れ共感する
事ができるのが
間接的に会社の業績を
アップさせる事に
つながっているとの見解です。

 

 

以上のグーグルの
調査結果から
あなたの会社に
置き換えてみましょう。

 

 

会社の業績を
下げている要因は、
真のコミュニケーション
という事ではないで
しょうか。