売上よりも社員を大事にする事の大切さ!

------------------------------

 

社員第一主義の会社は
業績が安定していて
発展していきます。

 

 

 

逆に、業績第一!
と経営を行っている会社は
業績が不安定の場合
があります。

 

 

たとえば、
 
仕事でお客様からの
クレーム商品を出したり、
大きな失敗をした時に

 

 


その失敗を穴埋めする事
が容易ではありません。
こんな事はよくある事で
しょう。

 

 

こんな時、
お客様からの評判が
悪くなってしまった事は事実。

 


そのサービスを行った人
は社員です。

 

 

お客様が
満足するような商品や
サービスを作るのは
社員にほかなりません。

 

 

 

再度、良いサービスを
作り直すといっても

 

 

 

社員が会社に対して
愛情を持っていなければ、
良いサービスを
作り出すことは
できないでしょう。

 

 

 

お客様に喜んでもらう
商品やサービスを
提供するのは社員なのです。

 

 

 

社員が会社に
満足度を感じていなければ

 

 

お客様の満足度を
高めるような商品や
サービスを提供し続ける
事ができるのでしょうか。

 

 

お客様に可愛がって
もらいたいからこそ
社員をもっと
可愛がることが
大事なのです。

 

fdce325f8fe6b24eeffdc995c56751e2_s.jpg

 

会社に不満や
不信感を持った社員が、

 

 

社長や上司のために
全身全霊で仕事を
するかというと、
それは難しいでしょう。

 

 

 

逆に、
会社や社長が
自分のことを大切に思って
尽力してくれたら、

 

 


それに応えようと
働くはずです。

 

 

 

だからこそ、
社員のモチベーション、
満足度を高める必要
があるのです。

 

 

「会社に大切に
されている」

 


という実感がを
感じれば
会社が苦境に直面した
としても乗り越える
ことができます。