今の時代の福利厚生制度は心がポイントです!

-----------------------------

 

 

 

会社が考える
社員に対する福利厚生
の意図や目的は、
時代の変化と共に
変わってきています。

 

 

バブル崩壊以前は、
福利厚生を導入する意図は
金銭的な補助を目的にし
社員を雇用する為の

 

 


寮や社員食堂、保養所
と言った施設であったり、
住宅手当が主な福利厚生
でしたが

 

 

その福利厚生制度も
バブル崩壊後は、
福利厚生のあらゆる
コスト削減が行われ、
人件費までもカットする
事が対象になっています。

 

 

そして、
多くの企業が、
自社の保養施設や社宅など
を維持する事ができなく
なりました。

 

 

 

福利厚生制度を外部に
頼り、業務提携する
ことで、コスト削減
する大手企業も増えて
きています。

 

 

今は、
どの会社も福利厚生を
削減する時代ですが、

 

 


やはり、
人材を確保するためには、
社員満足度をアップ
する事が福利厚生に
求められています。

 

 

福利厚生制度に今、
求められるものは
社員が心豊かな暮らし
になれるような

ee08022ed04979888c37004151bf5322_s.jpg

 

レジャーや旅行などの
充実や、
子育て世代や
親の介護など

 

 


働く社員の助けとなる支援
などへ制度の内容も
変化してきました。

 

 

社員がプライベート
と会社を両者、
大切にしながら

 

 

いまや、
社員が会社に満足して
働くには

 

 


時代に合った
心ケアに通じる
福利厚生制度が
求められています。

 

 

いまや、福利厚生、
ワークライフバランス
会社と社員の幸せな
関係づくりは
心がポイント
に移行しました!