社員をダブルワークさせない為には!

-----------------------------------------

 

 

ダブルワークをする社員は
会社の業務に
支障を与えてしまう
事がおきます。

 

 


会社としては、
基本、就業規則で縛る事を
したいところですが、

 

 

最近は、
就業規則など
気にせず、
ダブルワークをする人が
増えてきています。
 

ac083bf9fa141be07ee364b16c7a5319_s.jpg

 


企業にとっては、
社員の副業は、
会社の業務に
支障をきたす可能性が
ありますので
認める事はしたく
ないでしょう。


 

 

ですが、
プライベートの部分は
規制は出来ないわけです。

 

 


副業は、社員が
もう一つの仕事に
力を入れすぎて、
本業の業務に
支障が出ることは
否めません。

 

 

 

週末に数時間、
働く事であれば
さほど問題はないと
思われますが

 

 


社員が副業に夢中になり、
会社での業務以上に
エネルギーを使っている
となると、

 

 

 

当然、
業務にも支障が
出てきてしまう
でしょう。

 

 

 

そういったリスクを
防ぐために、
あらかじめ社員に
副業を禁じている
会社は沢山あります。

 

 

社員が副業をする理由
NO.1は、
収入を得たいからです。

 

 

ですが、
調べていくと
他にも色んな理由が
ありました。

 

 

BIGLOBEが、
関東在住の20~50代の社会人、
有効回答は800人に
「副業に関する意識調査」
を発表したところによると、

 

 

副業をしたい
副業をしている
理由は、
収入を増やすため
が88.5%と圧倒的に多く、

 

 

 

年代別、30代は
「本業と関連して
やりたいことが
あるから」16.9%、

 

 

 

「本業と以外で
やりたいこと
があるから」14.8%

 

 

 

副業の利点では、
収入を得る事ができると
解答する人以外に

 

 

知識・経験が増える
時間を有効活用できる
人脈が広がる
という
声があります。

 

 


30代は
知識・経験が増える
いう解答が
全年代と比べて
多かったほか、

 

 

 

お金を稼げる
という解答の人が
全世代の中で
もっとも低いようです。

 

 

30代の若者は、
お金も勿論、
重要ですが、

 

 

それ以外に
大切な事を感じ
探し出している
という事になます。

 

 

副業から
自分自身の成長
意識し望んでいる
と言えます。

 

 

つまり、
今の会社では
自分の成長が見えない
から
他の場所を探している
のかもしれません。


 

 

今の仕事に満足する為に
必要なのは、
社員が成長して行く環境
の提供と
モチベーションを上げる
事なのではないでしょうか。

48407045_2040372992715930_70014323476398080_n.jpg