フラワーバトンは、贈るモノだけでなく、考える時間も 贈り物をするときの楽しみ

一月生まれの誕生日の方に贈る花

 

 

季節の花を贈るのも良いでしょう!

 

 

 

がしかし、

 

 

 

記念日に贈る花でしたら
ずっと形が残る花も
良いですよ♪

 

 

 

形に残る花は
自分の趣味と合ったものが
良いと想う方もいるはず!

 

 

 

相手の方にピッタリのもの
でしたら
贈られた方も特別感を
感じて

 

 

 

贈った方と貰った方との
つながりを
持つ花にもなります。

 

 

 

枯れないので
ずっと貴方の事を
いつでも思い出す事が
出来ますね。

 

 

 

プリザーブドフラワーは、
生花を特殊加工
している花なので

 

 

 

生花の風合いの柔らかさも
あり、生の花と思わせる
優しさもあります。

 

 

 

では、
どうしたら相手の方が
気に入る花になるのでしょう!

 

 

 

相手の方に喜ばれる
お花の贈り方は
何だと思いますか?

 

 

 

花以外のプレゼントでも
同じです。

 

 

 

以前に、
プレゼントをもらった
プレゼント思い出して
みてください^^

 

 


どんな物が
嬉しかったですか?

 

 

 


「この色、好きな色!」
「前から欲しかったもの!」
「何で、私の好きな物を
知っているの?」
と思い出されませんか?

 

 

 


普段の会話の中で
話をしていた
自分の好きな物を
覚えていてくれて

 

 

 


それをプレゼントして
貰ったら
とっても嬉しいですよね!

 

 

 

お花だったら、
貰う人が好きな色だけ
ではなく!
その方のインテリアの色で
あったり

 

 

 

 

持ち物の好みで
あったり
趣味であったり

 

 

 

 

何かエピソードを
花に盛り込んで
贈るのも素敵です。

 

 

 

どんな事が相手の方が
好きなのか
を考えましょう。

 

 

 

家族を大事にされている方
でしたら
家族全員の事を少しづつ
花の中に盛り込んでも
楽しいですね!

 

 

 

 

このリースは

 

男性に贈ったリースですが

ご自宅に贈ったので

 

 

 

 

奥様が好きなオレンジ色
お子さんが好きな赤いイチゴ
男性ご本人が好きなフルーツと
グリーン。

 

 

 

何よりも家族を大事に
されている方に
贈ったリースです。

 

 

リースは、
平和、永遠という意味があり
幸せの象徴でもあります。

 

 

 

そんな特別感のある
花贈りを贈る事を
考えるのも贈り物をする
ときの楽しみです。

 

 

 

色々と相手の方の事を
想像してみてくださいね!

 

 

 

お花の選び方に迷ったら
相手の方の事をちょっと
考えてみましょう!

 

 

 

面白いお花を贈る事が
きっと出来るはず!

 

 

 

どんなお花が出来るか
ワクワクしながら
相談に来てくださいね♡