社員が辞めていく本当の理由

---------------------------------

 

 

新入社員を迎えても
直ぐに辞めてしまう。

 

 

あなたの会社は、
そんな事はありませんか?

 

 

多くの中小企業は、
毎年、社長が採用、
人材育成、雇用に
頭を悩ませ、
新人を入社させています。

 

 

その、
晴れて入社した社員が
なぜ直ぐに辞めて
しまうのか。

 

 

それは、
新人を入社させる時には
社長は一生懸命
会社の理念やその想いを
伝えていたはずなのに

 

 

入社してからは
社長は社員と
接する機会が少なく

 

 

社長と社員の想いが
揃ってこなくなるからです。

 

 

社長が社員に対して、
入社後も
愛情や成長を願う思いを
届けていないから
ではないでしょうか。

 

 

とかく、
時間がないと
業務連絡だけで
コミュニケーションの取り方は、
一方的な会話に
なってしまいます。

 

 

社員から仕事の相談をされても
アドバイスをしないで
「自分で考えて
やってみてください」と
言っているだけでは

 

 

 

社員と距離感が
どんどん離れていくものです。

 

 

 

「自分で考えて
やってみてください」
ではなく
社員と一緒に考えてみること
が大切だったりします。

 

 

 

私が子育てをしていて
子供たちに接するときには
まず、「○○ちゃん だったら
どうする?」

c009b2a4c2b0dd9531811de9e7052cea_s.jpg

 

と聞き、
一緒に考えていくよう
にしたいと思っています。

 

 

会社も家庭も一緒なのでは
ないかと、子供が大きくなった
今になって思います。

 

 

子供が小さかった頃は、
こうあるべきだと
自分の意見を子供に言い、
押し付けていました。

 

 

それでは、子供は
話を右から左と流している
だけで

 

 

聞く耳さえ持っていません
でした。

 

 

今、子供たちは
大きくなり
自分の意見を先に話す
ようになり

 

 

よっぽどの事でない限り
子供の意見を優先し
反対をせずに
出来る限り応援するように
しています。

 

 

その方が、子供も
自分自信が認められている
事を感じ

 

 

家族の一員として
明るく会話をするように
なりました。

 

 

 

相手を変えたければ
自分が変わる事!

 

 

これで
子供との距離が縮み
気持ちにも
溝がなくなりました。

 

 

会社も家庭も同じなんです。
人間関係ですから
接し方が大事です。


 

社長が社員との接し方を
変える事が
大きな溝を埋める事
になると思います。

 


溝がなくなれば
社員の離職率も軽減される
事でしょう。

 

 

未来を変える
コミュニケーションを
『フラワーバトンエチケット』
は応援します!